函館ラ・サール学園

OB会

選手日記(7/2) 嶋﨑匠(高2)

中学1年の時にサッカー部に入部して、サッカーを続けること4年と数ヶ月。この間にたくさんの辛かったり、悔しい想いを抱いてきました。

中学3年の時の中体連の準決勝の亀田中戦や高校1年の時の選手権一回戦の函館水産高校戦など、いろいろです。こんな辛いことがあるなかでサッカーを続けられているのは、チームメイトの存在が大きいです。辛かった過去や悔しかった過去を一緒に頭に留めつつ、お互いに支え合って頑張っていくことができるのは、とても貴重なことだと感じています。もちろん、辛い過去や苦しかった過去に耐えることができずに辞めていった仲間もいます。そういった人がいるのは悲しいですが、その一方で「その人たちを見返してやるような結果や思い出などを作ってやるぞ」と思っています。

このチームで良かったと思えるように、これからも頑張っていきます。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

チームを応援する

応援バナー,応援グッズの売上から経費を除いた金額を活動費とさせていただいています。


応援バナー   応援グッズ