函館ラ・サール学園

OB会

選手日記(7/12) 伊丹巧(高3)

僕は中学からサッカーを始めて、高校でのサッカーの終わりも近づいてきました。大学でサッカーをしようと考えていないため、本当に最後の大会であります。コロナウイルスも近づいてき、何があるか分からないですが、どんな状況でも勝ちます。

ここで中学から今までのサッカーを振り返ると最初はベンチにも入っていませんでしたが、足は多少速く、体力もあったため、ただ走るだけでやっていましたが、高校では全く異なり、難しいと初めは感じました。しかし、同じサッカーというスポーツをしているのに様々な戦術があり面白いスポーツだと感じるようになりました。

そして、僕がここまでサッカーを続けれたのは、親や先生やチームメイトがいてだと思います。個人ではなくチームのスポーツであるため1人で戦っていると思わず、チームで勝つために戦っているとこのような機会で再確認することができました。

選手権まで残り一ヶ月ちょっとくらい。これを機に切り替えて練習していきます。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

チームを応援する

応援バナー,応援グッズの売上から経費を除いた金額を活動費とさせていただいています。


応援バナー   応援グッズ