函館ラ・サール学園
サッカー部OB会

選手日記(8/30) 宮崎歩路(中3)

僕が今日この日記を受って最初に思ったのは、小5、6あたりの自分と今の自分の違いです。小学生の時は僕は走るのが速かったので、とにかくゴールにボールを運ぶことしか考えていませんでした。そしてただサッカー楽しい、楽しいと遊んでいる感じだったので、函館ラ・サールに入ってすぐサッカーは自分一人でやっているのではなくチームで行うスポーツなのだと実感しました。

それまで僕が楽しんでいたサッカーと180度違っていて、最初は動き方も全然分かりませんでした。中1の春休みにラ・サールのようなポゼッション重視のナポリやマンC、バルサの動画をたくさん見ていた記憶があります。その頃から色々なチームのたくさんの戦術を見ていて、それを自分のプレーに取り組もうとし始めました。

今ではサッカーの戦術のセの字も知らなかった僕か中学のキャプテンをしています。ただ、それでも試合で勝つことがなかなかできません。今はとにかく近くにいる高校生の先輩や友達のような
先輩や支達のようなプレーをできるようにして、その選手達と同じか、それ以上のプレーをできるようにしたいです。

残りのカブスリーグで勝てるよう頑張りたいです。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

チームを応援する

応援バナー,応援グッズの売上から経費を除いた金額を活動費とさせていただいています。


応援バナー   応援グッズ