函館ラ・サール学園
サッカー部OB会

選手日記(9/14) 佐古啓太(中1)

部活に入部して5ヶ月を迎えようとしている。僕は日々、少しでも上手くなりたい、的確なプレーをしたいと思い練習しているが、改めて体幹の大切さや持久力、筋力、柔軟性の必要性を感じた事があった。それは、中体連の一週間ほど前、右足薬指に違和感を感じていた。歩くたび、ボールを蹴るたび激痛に変わり、整形外科を受診した所、骨折していた。中体連前に骨折のことを先生に話せばきっと試合には出させてもらえなくなると思い言えなかった。中体連が終わり臨時休校に突入したため、しっかり治すことが出来た。夏休み中は意識してトレーニングの課題に取り組んだ。今までをふり返ると僕は膝蓋骨骨折2回、右肘頭骨折を1回、サッカーで怪我ばかりしてきた。そして今回もまたやってしまった。つくづく、体幹の弱さ、当たりの弱さを感じている。サッカーはチームプレーだが、個々の能力を高める必要があると思う。今は試合で負けてばかりで心が折れる時もある。でも朝練や放課後の部活において学ぶことはたくさんあるし、先輩のプレーを見ながらイメージトレーニングもできるようになりたいと思う。個々の能力を高めて、パス1つにしても正確に的確にこなしていくよう努力していきたいと思う。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

チームを応援する

応援バナー,応援グッズの売上から経費を除いた金額を活動費とさせていただいています。


応援バナー   応援グッズ