函館ラ・サール学園
サッカー部OB会

選手日記(11/30) 板倉煌史朗(中1)

生活、勉強、部活、全てにおいて、プラスなことを書くことはできないだろう。何故だろうか。答えは簡単だった。直そうとしていないからだ。直そうと必死に努力して、直そうとして直らないなら仕方ないとは思う。そこまでやって直らないなら、直すことは限りなく不可能に近いからだ。しかし、僕は努力を怠ったり、「直します」と口だけで、直しても三日坊主になるというダメっぷり。もはや救いようがないと思う人もいないわけではない。そんな僕が今しなければいけないことというのは、努力するということを努力し、真面目に事に取り組むことだと思っている。次の選手日記を書くまでに成長できているだろうか。次はプラスなことを書けるようにする。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

チームを応援する

応援バナー,応援グッズの売上から経費を除いた金額を活動費とさせていただいています。


応援バナー   応援グッズ