函館ラ・サール学園

OB会

オンザピッチ、オフザピッチ(監督 葛西)

函館ラ・サールサッカー部では、

~フィールドを支配し、最高のポゼッションサッカーを~

というLa Sall’s Wayを掲げています。そのため、後方からのビルドアップを大切にし、ボールを動かそうとします。基本的には一人一人が良い立ち位置に立つことで、より優位になると考えています。ただ、サッカーは相手がいるスポーツなので、毎回同じようにボールが運べるとは限りません。

今回の合宿に入ってから今日で3回試合をしました。それぞれ違う守備の仕方をしてきたので、当然相手によってボールの動かし方、自分の立ち位置を少しずつ微調整しなければならないのです。練習やミーティングなどで、様々な引き出しは与えてあるので、要はその中からどの引き出しを開けてプレーするかが大事なのです。(それを実行するための技術はもちろん必要になりますが・・・)

ただ、今日のゲームではそこがチームとしてうまくいきませんでした。サッカーはチームスポーツです。自分だけが分かっていればいいわけではありません。チーム全体で共有しなければ意味がないのです。具体的に言うと、今日の試合では相手はうちよりフィジカル的に優れていたため、DFラインの選手が単純な裏へのボールやロングボールを出しても、簡単に跳ね返されてしまい、セカンドボールを拾うのも難しいです。相手は中盤をコンパクトにしているため、なかなか間に良いボールが入りません。DFラインの選手は裏が空いてるので、当然裏に蹴るわけですが、最初に言ったようにうまくいかず、手詰まりになるわけです。

ここからどうするかが問題になります。様々な状況を観て、判断し、それをチームで実行していく必要があります。今日の試合でいうと、中盤に入らなくても、サイドから前進できるシーンはありました。そのため、サイドからある程度前進したら、そのサイドに人を集め、狭い局面をショートパスで打開します。もちろん失うこともありますが、その局面に人数を集めてポゼッションをしているため、切り替えをしっかりやれば、そのエリアでボールを奪い返すことができます。その循環を作り出すことで、うちのペースで試合を進められたかもしれません。広いスペースでボールを失い、相手にプレッシャーがかからない状態で簡単に裏に蹴られ、押し込まれる展開が続くなら、うちのストロングポイントを活かし、あえて狭い局面を作りそこを崩し切る、またはチャンスの時だけ広いスペースを狙うといったことをゲームの中で早く作り出したかったと思っています。

サッカーの試合の中で自分たちの信念であるフィールドを支配するためにどうするか、そして勝利するために何が必要か考えるためには、オフザピッチでの取り組みも大事になっています。合宿中にあった一つの例ですが、現在、視聴覚室を掃除し、土足厳禁で使用しています。そうなると入口に靴を置くのですが、最初のうちはほとんど靴を揃えて置いていませんでした。靴を揃えて置くというのは当たり前のことです。当たり前のことを当たり前にやる必要があるので、靴は揃えようと注意します。その後、3種類の人間が出てきます。一つ目は「そこで気づき揃える人」、二つ目は「言われたのに気づかないで揃えない人」、三つ目が「気づいているのに揃えない人」(ある意味三つ目が一番たちが悪いと思いますが、そこは置いておいて・・・)
気づいて揃える人は素晴らしいと思います。ただ、チーム内にはそうではない人もいます。揃えている人の靴が視聴覚室の前にあり、その一つだけを見るときちんとしているのですが、全体を見るとバラバラです。それでは意味がないのです。サッカーもそうです。自分だけ良いプレーをしてもチームが良くなければ意味がありません。そうなった時、気づいた人が周りに伝えられるか、伝えられた側が行動できるか、そしてチームとしてまとまりが持てるか。これが何より大事です。正しいことを言うのに躊躇することはありません。サッカーの試合でも勝つための発言は尊重されるべきです。そして、言われた側もそれを謙虚に受け止める必要があります。オフザピッチがオンザピッチに繋がってきます。

今日の試合はチームとして共通した良い引き出しを開けることができなかった。気づいてる選手、気づいてない選手共にいたと思いますが、コミュニケーションをとり、チームが一つの塊となってイメージを共有することができなかった。それは練習の中でも改善する必要がありますが、オフザピッチの中でも改善する必要があります。靴の並べ方一つとってもこれくらい考えることがあるのですから、それ以外の所でも学べることはいっぱいあるはずです。ここが改善されればもっと強くなれるはずです。
それがサッカーに繋がっていき、ゆくゆくは社会に出た時、一人の人間として大切なことになってくるでしょう。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

チームを応援する

応援バナー,応援グッズの売上から経費を除いた金額を活動費とさせていただいています。


応援バナー   応援グッズ